債務整理中に、生活が苦しくなっている人はいませんか?債務整理を家族に内緒にしており生活面を変えることができず、浪費が止められないと嘆く人もいました。
だからと言って、債務整理中に新たな借り入れを行うのは危険です。
詳しいリスクを確認しておきましょう。絶対に一人で悩まないでください。

債務整理を行うとブラックリストに載る

債務整理を行うと、俗に言われているブラックリストに載ります。ブラックリストは、主に2種類あるので、両方の存在を確認しておきましょう。

信用情報機関ブラックリスト

貸金業者が、借り入れの申請を受けたさいに確認するのが、信用情報機関のブラックリストです。
債務整理を開始すると、情報が最低でも5年間記載されます。信用情報機関のブラックリストに掲載されている人が新たな借り入れを行うのは非常に困難です。
 

社内ブラックリスト

独自に会社内で作成する社内ブラックリストも存在します。社内ブラックリストに載った人は、その会社や関連業者で借り入れることはできません。

債務整理中に金融業者から借り入れをした場合のリスク

ブラックリストがあるにも関わらず、無理やり新規借り入れをする方法もあります。
ただし、方法を見つけ実際に借り入れを行うのは危険です。リスクを解説します。

進行中の和解交渉が難しくなる

進行中の和解交渉が難しくなるかもしれません。借金をしているにも関わらず、新たな借り入れを行う人は自転車操業に陥っています。自転車操業をしている人が、借金から抜け出すことは難しく、債務整理をしても意味がないと判断されることでしょう。
任意整理をしたところで、新たな借金をすれば最終的に破産を開始する状況に陥ります。ならば、債権者が増える前に債務者の財産を返済に回して欲しいと考えるのは至極当然です。
うまくいくはずだった和解交渉が、債権者に新たな借り入れの申し込みが知られたことにより難しくなるリスクが生じます。

依頼した弁護士から辞任を受けることもある

弁護士に任意整理を依頼している人は、新たな借り入れ事実により、弁護士に辞任を言われるかもしれません。和解交渉の決裂が、新たな借り入れによるものとわかれば、信頼関係を築くことが難しいと判断されます。
弁護士が辞任されることは滅多にありません。しかし「新規の借り入れはしないこと」と注意を受けていたにも関わらず勝手な行動をするのは、不誠実です。契約者の態度が悪ければ、辞任をされても仕方がありません。
弁護士が辞任をすると、債権者からの督促が再開します。和解前ならば、即日一括返済を求められるのは間違いありません。

債務整理中の借り入れを紹介している業者は危険

債務者整理中の新規借り入れを紹介する消費者金融もあります。テレビコマーシャルをしているような大手消費者金融ではなく、名前を聞いたことのない中小消費者金融です。
闇金ではありませんが、債務整理中でも審査ができますとネット上で誘う貸金業者もあります。「ブラック相談」や「ブラックOK」といった言葉に惑わされてはいけません。
債務整理中に借り入れをするのは本末転倒です。任意整理をした人が数年後に自己破産をする場合、ほとんどの人が中小消費者金融やソフト闇金を利用しています。
問題を先延ばしにするだけの行動です。債務整理中の新たな借り入れはリスクしかありません。

債務整理中に借り入れを考える人は弁護士に相談を

債務整理中に借り入れを考える人は、弁護士に必ず相談をしましょう。何らかのアドバイスを行ってくれます。
任意整理を個人で行っている場合も、新たな借り入れを考えたときは、弁護士に相談を開始するべきです。
相談した結果、自己破産しか方法がなければ受け入れるしかありません。借金問題を先延ばしにするのは、今後の人生の妨げです。
弁護士の意見を聞き入れ、最善の策で借金問題を解決しましょう。借り入れを増やすのは絶対に止めてください。