住宅建築交渉に際しては後のトラブルを避けるために記録を残しておく

注文住宅建築で営業マンと交渉するに当たっては注意に注意を重ねる必要があります。これは住宅産業は別名クレーム産業と呼ばれるくらい、トラブルが多い業種だからです。営業マンや見積もりについての注意点は別項で述べましたが、ここでは営業マンとの交渉についての記録の重要性について述べていくことにしましょう。世の中の交渉ごとには、必ずと言っていいほど、後で「言った」「聞いていない」という種類のトラブルは発生します。したがって営業マンとの交渉には、このことを予想して臨まなればいけません。そのために必要なのは交渉時の営業マンの態度を観察することです。つまり、こちらの要望をきちんとメモなどで記録として残しているかどうかを確認するのです。これは仕事としては当然のことですが、中にはこれさえしない営業マンもいるのです。これこそ後々のトラブルの種になるのです。したがってそうした営業マンに当たった場合は会社に連絡するなどして、営業マンの交代を申しでる必要があります。またメモを取るのは営業マンばかりではなく施主自身にも必要です。

施主側も交渉経過についてのメモを残しておくことが必要

営業マンでも交渉の記録をとらない人がいることがあるのですが、そうした場合、施主側が記録をとっていれば、後々のトラブル処理に役立ちます。そのメモに営業マンのサインを貰っておけば余計に効力が増します。また電話での交渉もトラブルの原因になりやすいので、この場合は話し合いの末の確認事項をメールで送信してもらうといいでしょう。こうすれば後々まで証拠書類として残りますから、トラブル対策の一つになります。何度も言いますが、トラブルが発生して後で後悔しても遅いのです。失敗のない家づくりをしようと思うなら、こういうところまで気配りをしておくことが大切なのです。